子育て支援ネットワークについて


「どうしたら利用者と心を通わせる話ができるだろう?」
「利用者が主体的に取り組む場づくりとは?」
「行政や法人経営者とのかかわりとは?」

などなど、日々の活動のなかで疑問や問題意識を感じた岡山県内のひろば、センター、児童館スタッフの仲間6人が集まり、行政やひろば全協のサポートもいただきながら、研修や勉強会を積み上げてきました。

初年度にあたる今年は、4回にわたる研修の企画・運営に取り組みました。
支援センターやひろばなどの取り組みは、始まってまだ十数年しか経過しておらず、それぞれの拠点が、個々の利用者への支援方法や様々な機関と連携した活動等について模索を続けている段階です。
そんな今だからこそ、同じ子育て支援を担う仲間同士がつながり、それぞれの現場での悩みや喜びを共有しながら、学び成長しあえる場をつくっていきたいと思うのです。
力を合わせて、互いに支え励まし合いながら、岡山県全体の子育ち・子育てを向上させていけるようなネットワークを、私達といっしょにつくっていきませんか。