発展研修

干し9月16日(水)岡山県生涯学習センターにおいて

【発達障害の子どもと家族への支援】と題して カヤノタミン社長で作業療法士でもある、若松かやの先生にお話しいただきました。

事例をたくさんあげていただき60名の方と色々考えることができました。

【参加者の方の感想】

☆発達障がいについて特性から対応についてわかりやすくお話いただき、今までの知識に加わりより一層理解を深めることにつながりました。実際の生の声を聞く事で大変よくわかり共感できるところが多くありました。

☆具体的にどんな風に本人が、家族が困っているのかを聞く事ができました。日常生活でも集団も、ストレスをこんなにも抱えているのかと感じました。

☆日々子ども達や保護者の方の支援をしている中で、気になる子、についてどう対応していけばいいのか、これでいいのだろうかと疑問に思うことが多かったのですがまず保護者(お母さん)の話をしっかりと聴く事の大切さに改めて気づくことができました。

 

 

image1image2

2015年9月23日 | カテゴリー 日記